COLUMNコラム

カラーやブリーチが染みる時はどうしたらいい?

こんにちは!神戸元町にある、カラーとブリーチが得意な美容室FLEEKの代表大城です。

大城のプロフィールはこちらから

「ブリーチしてみたいけど痛そうだから踏み切れない」
「ヘアカラーする時に頭皮が染みるのが嫌だ」

こんなお悩みをお持ちの方、多いと思います。

今回は

  • ヘアカラーやブリーチがなぜ染みるのか
  • なるべく染みないようにFLEEKがしていること

をお話ししていきます!

ヘアカラーやブリーチがなぜ染みるのか

ブリーチ
簡単に言ってしまうと、
「薬剤の成分に頭皮が反応して、染みたり痛くなったりする」
のですが、何の成分に頭皮が反応しているのかは人によって違います。

ヘアカラーであれば、考えられるのはジアミン酸とよばれる成分や過酸化水素水など、
ブリーチは過酸化水素水や過硫酸塩など、その他にもいくつかの成分で成り立っています。

ヘアカラーもブリーチも化学反応を起こして、髪を染色したり脱色したりするので、当然刺激があるわけです。
その刺激に反応してしまい、痛みが出たり染みたりします。

まったく染みない体質の人もいる?


ブリーチやカラーを塗ると痛みが出たりする人がいる一方で、全く染みない、痛くもないという方もいらっしゃいます。

では痛みが出る人と出ない人、何が違うのか?

  • 頭皮の脂の量
  • ホルモンバランス
  • 季節によるもの

etc…

頭皮も肌の一部なので、乾燥肌だったり脂性肌だったり、人によってタイプが違います!
例えば、元々乾燥肌の方は、頭皮も乾燥していて、油分が少ない状態なので、余計に薬剤の影響を受けやすくなることがあります。

その他にも妊娠中の方だったり、日常生活で過度にストレスを感じている方たちは、体質が変わってしまい頭皮が反応しやすくなっている、ということも!

また、真夏の頭皮が日焼けしている状態や、冬の頭皮が乾燥している状態だと、染みやすくなります。

ブリーチやカラーの痛みを和らげるためにFLEEKがしていること

カラーやブリーチの時の違和感、少しでも減らしたいですよね!FLEEKで行っている対策を紹介します。

頭皮専用の保護スプレーをつける

FLEEKでは、カラーやブリーチをする前に、頭皮に保護スプレーをつけるようにしています。

この頭皮保護スプレーをつけることで、頭皮と薬剤の間に1枚薄いバリアのようなものを置くことになり
頭皮への違和感や痛みなどを和らげることができます。

地肌に薬剤を付けないように塗布する

FLEEKでは薬剤を頭皮に塗布するのではなく、根元ギリギリに塗るようにしています。
こうすることによって、頭皮の違和感はもちろん、頭皮への直接のダメージも少なくすることができます!

まとめ

カラーやブリーチ中の違和感を完全に取り除くことは難しいのですが、保護スプレーと美容師の技術で予防することは出来ますよ!

染みやすい方は気にせず事前にお伝えください。

そして痛みを我慢することはあまりおすすめしません。
必要以上に我慢をしてしまうと、思わぬ症状を発症する可能性もありますので、施術中の痛みも我慢せず、美容師に伝えていただけるとありがたいです!

予約前のご相談はこちらから! 24時間お問い合わせいただけます。

FLEEK

FLEEKフリーク

住所:兵庫県神戸市中央区明石町18大日明石町ビル 6階
営業時間:
定休日:なし

詳しい店舗情報

その他のおすすめ記事

ブリーチ

理想にのヘアスタイルに仕上げるためにカウンセリングで教えて欲しいこと(ブリーチ編)

こんにちは! 神戸元町にあるカラー&ブリーチのスペシャリストが揃う美容室 【FLEEK】の代表大城です。 大城の …
ブリーチ

ブリーチ・カラー後の色持ちをよくするために自分でできるホームケア4つ!

こんにちは! 神戸元町にある、カラー&ブリーチのスペシャリストが揃う美容室FLEEK代表の大城です! 大城のプロ …
コントラストハイライト ブリーチ

色々な種類のハイライト!あなたが挑戦してみたいハイライトはどれ?

こんにちは! カラー&ブリーチが得意、年間100本のカラーセミナーを美容師向けに行っています、 神戸元町にある美 …

Page Top

NEWSフリーク からのお知らせ