COLUMNコラム

ブリーチとヘアカラーの違いって結局なに?傷みやすいのはどちら?

こんにちは!
神戸元町にある、カラー&ブリーチのスペシャリストが集う美容室【FLEEK】代表の大城です。

大城のプロフィールはこちら

  • 今年はハイトーンカラーや、流行りの外国人風カラーに挑戦してみたい!けど迷っている
  • なんとなくブリーチへのハードルが高い
  • ブリーチって髪の毛がすごく傷むって聞くから、やっぱりヘアカラーの方がいいのかな?

こんな風に悩んでしまい、
「結局いつもヘアカラーのみ」
「ブリーチに挑戦出来ない」という方も多いですよね?

確かにそうですね・・ネットで調べてもよくわからないし、「やっぱり今回も無難にヘアカラーでいっか〜」となってしまうことが多いです。

でもブリーチとヘアカラーの違いを知っていれば、少しはモヤモヤが晴れたり、納得いく施術が選べるのではないでしょうか?

今回はちょっとだけ”化学”の話が入ってきますが、楽しく読んでもらえたら嬉しいです!

ブリーチは脱色、ヘアカラーは染色

ブリーチとは髪の色を抜いて脱色させること

髪の色を決めるのは「メラニン色素」と呼ばれる成分。
ブリーチでは「メラニン色素」を破壊・分解することで髪の色を抜いて脱色させていきます。

ブリーチ自体には髪の毛に色を付ける働きはありません。

例えば、真っ赤な髪色にしたい場合は、ブリーチで脱色してから赤いカラーを入れていきます。
人気のミルクティー色も、ブリーチをしてから色を入れる方がきれいに発色します!

ヘアカラーとは髪の毛に染料を置いて染めていくこと

「ベースの上から色を加えて少しずつ色味を変えて行く」という感覚です。
厳密にいうと、ヘアカラーも「髪のメラニン色素を壊している」のですが、ブリーチよりは断然優しいレベルです。

ヘアカラーには、髪の毛に色を付ける働きがあります!

ヘアカラーとブリーチの違い

(補足)髪の色を決めるメラニン

さっきで出てきた「メラニン色素」って、シミを作るという認識だったんですが…

そうですね!シミも連想させますよね。髪の毛の色を作っているのも「メラニン色素」です。

同じ人間でも、人によって地毛の色が違うのは「メラニン色素」の量や種類が違うから。

地毛が真っ黒、茶色がかった色、金色、全て「メラニン色素」によって左右されています。

傷みやすいのは結局ブリーチ?ヘアカラー?


みなさんのご想像通り、ブリーチの方が傷みます。
ブリーチは「メラニン色素を分解、破壊する」とお伝えしましたが、
「なぜ傷むのか?」をもう少しだけ詳しく書きます。(化学の時間です!)

ブリーチの時に美容師が混ぜている薬剤ありますよね?
髪を脱色させる薬剤を作るために、混ぜて化学反応を起こしています。

過酸化水素に、アルカリ剤と過硫酸塩を加え、化学反応を起こした薬剤を髪に塗ると、
髪のメラニン色素が破壊・分解され脱色します。

その際にタンパク質や水分も一緒に流出してしまいます。

タンパク質や水分は髪の健康を保つ大事な成分
これらがないと、髪にハリがなかったり、ギシギシになったり、ツヤもなくなります。

髪の成分

ブリーチを楽しむためには、おうちでもしっかりとケアをしていきたいですね!

自宅で簡単にできる!ブリーチ後の悩みを軽減する方法TOP3

ケア方法としては、タンパク質を補えるトリートメントを使ったり、
髪に優しいシャンプーで洗ったり、色々と方法があるのですが、

お客様によってライフスタイルも違うので、毎日のルーティーンに取り入れやすいものを選んでいただきたいです。

FLEEKではブリーチ後、ケア方法までアドバイス致しますので、気になることは遠慮せず質問してください!

予約前のご相談はこちらから

FLEEK

FLEEKフリーク

住所:兵庫県神戸市中央区明石町18大日明石町ビル 6階
営業時間:
定休日:なし

詳しい店舗情報

その他のおすすめ記事

ブリーチ ブリーチ

こんな理由でブリーチを”お断り”する事もあります

こんにちは! カラー&ブリーチのスペシャリストが揃う 神戸元町にある美容室【FLEEK】代表の大城です。 大城の …
カラー ブリーチ

カラーやブリーチが染みる時はどうしたらいい?

こんにちは!神戸元町にある、カラーとブリーチが得意な美容室FLEEKの代表大城です。 大城のプロフィールはこちらから 「 …
ブリーチ

ブリーチ・カラー後の色持ちをよくするために自分でできるホームケア4つ!

こんにちは! 神戸元町にある、カラー&ブリーチのスペシャリストが揃う美容室FLEEK代表の大城です! 大城のプロ …

Page Top

NEWSフリーク からのお知らせ